レンタルと貸し切りはどっちが得?バス会社の選び方は?

マイクロバスをレンタルするかどうか

バンタイプの自動車なら定員10人ぐらいの車もあります。でもそれ以上の人数で移動する時には一般の自動車1台では難しくなります。レンタカーサービスを見るとマイクロバスのレンタルができるところがあります。免許によっては中型なども運転できるので、それならとマイクロバスのみをレンタルするときがあるかもしれません。レンタルだと自動車のレンタル料金の他、高速道路やガソリン代、駐車場代はすべて自己負担になります。マイクロバスの利用では貸し切りバス会社を利用する方法もあります。こちらは運転手付きが一般的で、高速道路や駐車場代は別途かかるようです。しかしガソリン代は運転手代、バスの貸し切り代と込になります。運転手付きの方が安くなるときがあります。

業者を比較して有利なサービスを利用

ちょっとした人数が一度に移動するとき、鉄道を利用したり乗り換えが必要だと誘導が大変です。子供がいたり高齢者がいたりすればなかなか予定通りまとまって移動できません。その時に使えるのが貸し切りバスです。歩いて数分の距離でも、それなりの遠方の距離でもいろいろなところで使えます。ではどうやって選ぶかですが、まずは利用できるバス会社が決まっています。出発地と目的地のどちらかを営業区域にしている会社しか使えません。ただ、その会社を探すのは簡単ではありません。しかし、今ネットでは貸し切りバス会社を比較するのに便利なサイトが用意されています。出発地と目的地を入力すると、それに該当する会社が出てきてサービスが比較できます。バスの種類や料金が選びやすいです。

親族や小さな会社、町内会などで旅行やちょっとした移動をするとき、貸切バスなら運転手もついて、楽に移動ができます。

You May Also Like